Skip to content

May English(メイイングリッシュ)は、ビジネスを飛躍させる英語・異文化への対応力をあなたに

May Englishについて

英語ニュースで学ぶことで、
世界で何が起きているのかを知り、時流を体感する。

異文化を理解することで、
国籍の垣根を超えた円滑な関係が構築できる。

May Englishは、
ビジネス・アカデミック英語・異文化コミュニケーションにおける指導歴20年以上、指導人数は11万人に及ぶ。

各国の外国人とのビジネス経験・英国ケンブリッジでの指導法の学びの経験から、あなたの英語の目標を確実に達成することをお約束いたします。

Profile

プロフィール

内藤 真由美  Mayumi Naito 【異文化コミュニケーション・英語コーチ】

ぼ元キャセイパシフック航空(CA)、ガルーダインドネシア航空(機内通訳)、英国大使館(通訳)

1996年~現在 企業・官公庁・教育機関での研修講師、個人指導
英語検定試験スピーキング面接担当官
2000年~2013年 茅ヶ崎方式英語会本校講師:ニュース英語のリスニング・単語力強化、文法、英検、教材作成

▼専門
異文化コミュニケーション(日・英)     英語コーチング

▼習得語学
英語   インドネシア語

▼資格
英検1級 TOEIC (L&R) 980     交流分析士1級

▼主な登壇実績
外務省 農林水産省 経済産業省 千葉県 茨城県 埼玉県 茅ヶ崎市 藤沢市 JR東日本 京成グループ JTB 全日空ホテル 第一ホテル東京 丸紅 日立グループ 三菱電機 大日本印刷 日産自動車 SUBARU いすゞ自動車 ボルボカージャパン SONYグループ SMBC会員制クラブ 日本英語検定協会 明治大学 桜美林大学 日本大学 神田外語学院 ほか官公庁、大手企業、教育機関にて多数

▼メディア実績

<テレビ> BS-TBS 「Live-Love Eve」 ビジネスマナー編、お見合い編

<ラジオ>   レディオ湘南 「国際マナー オリンピックパラリンピックに向けて」

FM湘南ナパサ 「この人と60分」

▼著書

「あなたに決めたと言わせたい」(リヨン社、共著)

内藤真由美

e-learning 無料配信中

異文化コミュニケーション
おもてなし英会話
TOEIC Part5攻略

※ご利用いただくには、事前にドリルメイトのユーザー登録(無料)が必要となります。

May English 概要

代表者 内藤真由美
所在地 茅ヶ崎教室(ひばりヶ丘・浜竹)・藤沢教室(神奈川県藤沢市辻堂神台 )
TEL 050-5876-7155
E-mail info@may-english.com

Story

英語で苦労したからこそ。

新卒で外資系航空会社にCAとして入社後、香港での2か月の訓練中、教官が言っていることがさっぱりわからず、何度も日本に帰らされそうになりました。なんとか同期に支えられ、訓練に合格し現場に出たものの、今度はチーフや外国のお客様が言っていることがわからず、会社から「退社するか、毎フライト後に英国人と語学訓練するか」選択を迫れました。海外に住みたくて、CAになりたくて香港まで来たわけですから、帰国するわけにはいきません。英国人との英語トレーニングを選び、通うこと2年。その苦行のお陰で今があり、心から感謝しています。

CXトレーニングセンター_02
Bell-All-members

諦めない。

英検1級には15回落ちた末に合格しました。もともと英語も社会問題も苦手ですから当然です。ただ、人との出会いに恵まれたお陰で英語が大好きになりました。中学で初めて英語に出会った時に、いつも笑顔で綺麗な洋服を着て、オリジナルの教材を活用して「間違えてもいいのよ」と安心と勇気をくれた本柳先生。そんな先生になりたい!と英語だけは好きになりました。

高校の先生には、放課後よく受験英語をみてもらいました。その時に聞いた、船に乗って何日もかけてアメリカの留学先へ向かったこと、そこでの異文化の違いの話に、女子高校生の心は揺さぶられました。

大学時代には、週1回の授業で出会った初めての米国人の講師室に入り浸っていました。バブル全盛期ですから、大学で勉強していなくても、同級生は一部上場会社に就職を決めていく時代です。しつこく下手な英語でまとわりつく女子大生が、珍しかったのでしょうか。週末には、横田基地内の先生のご自宅に招かれるようになりました。ある日曜日に、基地内の教会へ一緒に行くと、先生は手を挙げて大勢のアメリカ人の前で私を紹介してくれたのです。その時の歓迎ぶり、先生の積極性、アメリカ文化は大変印象的で、海外への興味がますます増した頃です。

一生勉強。

英国大使館商務部での通訳の現場で、大御所である通訳者が、小さなメモ帳をポケットから出して何やらメモをしていました。「身の回りで起こっていることを英語で考えたときに出てこなかった単語は書き留めておくのですよ。英語は一生勉強ですよ」との言葉に衝撃でした。やはりプロは常に勉強しているのだと。その前向きな姿勢と笑顔は忘れられず、マネしたいと常に思ってきました。TOEICは毎回受験していますが、満点をとれていません。神田外語学院の教え子には、皆が目標点に到達できる日と、私が満点を取れる日、どちらが先かと競争しています。コーチとランナーの関係でもありますが、コーチも走っていますよ、という姿勢を見せると、ランナーは「頑張る!」という気持ちになります。また、ネイティブとのオンライン受講は、英語力を後退させないための日課となっています。お互いに同じニューストピックを読んで意見交換したり、日々の英語教材作成の際に「この表現はナチュラルなのかな?」と疑問に思う点をメモしておき、解決する機会でもあります。「私は間違えていることを指摘されると嬉しい」と言います。弱点を改善することで上達するからです。

授業
may_member01

経験を活かす。

『楽しく学び、成果が上がる』環境作りを心掛けています。手作り教材、笑顔、異文化の話も、「英語でコミュニケーションしたい」モチベーションアップには役立つと、以上の経験を経てわかっています。特に、集合研修・授業では、「間違えることは恥ずかしい」と思う傾向がありますので、どの研修、授業でも「挨拶じゃんけんゲーム」から始めます。「Enjoy making mistakes」の声で、皆さんが笑顔になり、多くのことを吸収できるよう日々思案しています。

帰国子女の講師仲間は言います。「英検1級を目指す方に教えているのだけど、できないのよ。どうして面白いエッセイ書けないのかな。どうして英語の音が聞こえないのかな」と。May Englishは、英語習得が簡単でないこと、わかっています。自分がそうでしたから。英語で苦戦している方、大丈夫です!たくさん失敗した講師だからこそわかる、正しいアプローチ方法で心に沿いながら、皆さまの世界を広げます。

ニュース教材会社+4か国のネイティブの協力を得て、オリジナル制作している【ニュース英語教材】 皆さまの『世界を広げます』 

To know is one thing,(and) to teach is another.

知っていることと教えることは別である